殖産のベストなら思い通りの家を建ててくれる

自然と調和した街並み

住宅

整備された住宅地が魅力

宝塚は古くから住宅地としての再開発が進められている土地です。キレイな水質を持つ川と豊富な自然があり、街並みも洗練されています。有名な歌劇団の拠点であることから、知名度が高い場所でもあります。鉄道や高速道路も整備され、大阪方面へのアクセスも便利です。宝塚の新築一戸建てエリアは、大きく分けると、阪急今津線沿線と阪急宝塚線沿線に分けられます。それぞれの沿線で雰囲気が異なり、今津線沿線は閑静な住宅地が広がり、高級住宅地として有名なエリアもあります。宝塚線は、住宅と田畑が混在するのんびりした雰囲気が特徴です。再開発が行われ新築一戸建てを含め、区画が整備された住宅地が広がっています。どちらの沿線も主要駅の周辺はスーパーや商業施設が充実してきています。中には、駐車場が完備した大型スーパーや総合病院、市役所や公園などが整備され、日常生活において暮らしやすい環境が整っている駅もあります。宝塚市は市の条例により、土地面積100平米〜150平米の新築一戸建ての供給が多いのが特徴です。100平米の新築一戸建てだと駅から徒歩、150平米の新築一戸建てだと駅からバスの距離で供給されているケースが多くなります。このゆとりのある広さが宝塚の新築一戸建てが人気の理由の1つでもあります。新築一戸建て価格は、土地の広さだけではなく、沿線、駅周辺の利便性、駅からの距離によっても幅があるので、暮らしやすい雰囲気の場所を選ぶことが大切です。最近では、高台の土地も供給が増えてきているので、予算や広さを検討し、希望に合う新築一戸建てを探してみるといいでしょう。